名古屋・岐阜・岡崎の弁護士が未分類 法律相談

空き家の処分が未定の方が2割

フジ総合グループの調査によると空き家を所有している方の21パーセントが売却する予定、32パーセントが賃貸などの活用予定、24パーセントの方がそのまま放置という結果だったそうです。そのまま放置という方の詳しい理由はわかりませんが、私の経験によると家を相続した方は相続人同士の遺産の話し合いが困難なために放置されているケースがあるように思われます。遺言を作って相続する人を指定しておけば処分するにもしやすいので長期間放置される空き家になりにくくなるのではないかと思います。またご本人が施設に入られたままで家が空き家になっているケースも増えてきているように思われます。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所