名古屋・岐阜・岡崎の弁護士が 弁護士 林太郎(愛知県弁護士会)について法律相談

弁護士 林 太郎(はやしたろう)

弁護士 林太郎
出身地
岐阜県中津川市
主に従事してきた分野
借金問題(債務整理・破産・個人再生・過払金返還請求)、離婚問題、相続問題、交通事故問題、投資被害問題、刑事事件
現在、研究会に入って名誉毀損・プライバシーの勉強もしています。

愛知県弁護士会所属
愛知県弁護士会法律相談センター登録弁護士

 

弁護士 林 太郎 経歴

1、経歴
私は、歴史の薫り漂う山あいの町、岐阜県中津川市で生まれ育ちました。
高校は、隣市にある恵那高校理数科に進学したのですが、法律に興味を持ったため、法学部へ進学することとし、東京都にある創価大学法学部に進学しました。

大学入学後、寮生活等を通じて、理不尽で苦しんでいる人、困っている人のお役に立てる弁護士になりたいと思うようになり、真剣に司法試験に挑戦しました。その後、大学卒業4年目の平成17年に司法試験(旧司法試験)の最終合格を勝ち取ることができました。司法試験に挑戦している際は非常に苦しかったのですが、それを乗り越えたことが私の大きな心の財産となっています。
合格後の司法修習の実務修習地が大阪となり、大阪でも1年間暮らしました。
そして、平成19年9月から当事務所で執務させていただいております。

2、家族構成
妻と子供1人の3人家族です。岐阜県中津川市の実家では両親が元気に暮らしています。

3、趣味
一時期、名古屋市内にある名城公園でジョギングをしていましたが、全くできていません。休みのときには子供と遊ぶ(出かける)ことが多くなってきました。

4、ひと言
何でも気軽に相談できる身近な弁護士でありたいと思っています。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

投資被害で勝訴判決

 少し前ですが,私(林)と三池弁護士が担当しました野村證券を相手とした裁判で勝訴判決を勝ち取りました!この勝訴判決は,一部マスコミでも報道されました。
 ごく簡単に説明すると,商品の仕組が複雑難解で(正直,我々弁護士にも正確には理解しがたいものでした。),リスクも非常に高い高額商品を,ほとんど投資の知識も経験もない高齢女性に買わせ,その後多額の損害が生じたために損賠賠償請求した事案で,名古屋地方裁判所は,野村證券の説明義務違反を認めて一定額の支払を命じました。
 裁判所が証券会社の責任を認めたことには意義があると思いますが,商品が非常に複雑難解でリスクも非常に高いこと,それに比して顧客の知識・経験がないこと等からすれば、適合性原則違反を認めるべきでなかったかと思います。しかも、この事案では,顧客に過失があったとして7割も過失相殺されたのですが,それについては納得し難いものでした。
 本件のような複雑難解で,リスクも非常に高い商品は,プロの投資家レベルでないと適合性はないと思います。そのような商品を一般の顧客に買わせること自体,非常に問題なのではないでしょうか。
 なお,この判決には双方が控訴したため,今後は高等裁判所に舞台を移し,戦っていくことになりました。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

夫婦円満には「忍耐」が必要!?

 夫婦円満には「忍耐」が肝心であるという新聞記事を読みました。いい夫婦の日(11月22日)に先立ち実施された調査結果に基づいた記事だったのですが、夫婦げんかを避けて相手に言いたいことを我慢している人の割合は、女性67.2%、男性は81.2%。意識調査をした会社は「仲が良い夫婦ほど言動に気をつけているようだ」と分析しているとのことです。そして、周りの夫婦に比べて自分たちはいい良い夫婦だと思っている人の約4割が夫婦間のストレスが原因で胃痛を経験しているとのことでした。夫婦円満の秘訣は、やはり「忍耐」なのでしょうか。私は、離婚事件も比較的多く扱ってきましたが、離婚は、結局のところ忍耐(我慢)の限界を超えたということなんでしょうね。

ちなみに、夫・妻が、それぞれ、これだけは言わないように我慢している言葉ベスト3も載っていましたが、私は男性のベスト3のすべてを妻に言っていることを知りました(苦笑)。それでも、夫婦円満です(妻もそう思っているはず。)! 

                                            林  太郎

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

法律相談

夜間電話法律無料相談

専用電話番号

052-231-4366

午後5時~午後8時まで