名古屋・岐阜・岡崎の弁護士が 弁護士 清水洋一(愛知県弁護士会)について法律相談

弁護士 清水洋一(しみずよういち)

弁護士 清水洋一

略歴
S58.9.12 新潟県で出生。出生直後から東京で生活。
H8.3.31 錦糸小学校卒業
H11.3.31 錦糸中学校卒業
H14.3.31 法政大学第一高等学校卒業
H18.3.31 法政大学卒業
H20.3.31 創価大学法科大学院修了
H20.9.11 司法試験合格
H21.12.16 司法修習修了

主に従事してきた分野

債務整理,交通事故,損害賠償事件,労働事件,家事事件,企業法務,刑事事件など

経歴

私は,新潟県南魚沼市で生まれ,大学卒業まで東京の下町・墨田で育ちました。
公立の小学校,中学校を卒業後,法政大学第一高等学校に進学し,在学中に社会的な悩みを持った人々の力になりたいと意識するようになり,弁護士になることを決意しました。そして,法政大学法学部に進学してからすぐに司法試験の勉強を開始しました。
大学卒業後は創価大学法科大学院に進学して寮生活をしながら勉強を続け,平成20年9月11日にようやく司法試験に合格することができました。
受験勉強はとても苦しかったですが,その中でも素晴らしい仲間に恵まれて,切磋琢磨しながら充実した毎日を過ごすことができました。支えてくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
弁護士登録後,名古屋市の法律事務所に就職し,転勤のため2年間石川県金沢市で弁護士をしていました。そして,今回,自分自身の弁護士としての実力を磨き,さらに仕事の範囲を広げていくことができると思い,旭合同法律事務所に参加させていただきました。

家族構成と趣味

平成25年8月に結婚して現在は妻と二人暮らしです。趣味は,意外かもしれませんが,妻と一緒にテレビゲームをすることです。協力プレイができる『モンスターハンター』にはかなりはまり込んでしまいました。

心がけていること

法律は紛争を解決するための道具です。そして,道具は使い方によってその効用が異なってきます。ですから,法律を使う弁護士は,単に法律を詳しく知っているだけでは足らず,現実に悩んでいる人の苦しみを抜いて,希望を与えられる豊かな人間性とみんなが安心できる親近感も兼ね備えなければならないと思っています。
「前進!」を合言葉に日々勉強と研鑚を積み重ねるとともに,皆様の信頼を勝ち得られる弁護士を目指して参ります。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所