名古屋・岐阜・岡崎の弁護士が税金 法律相談

住宅ローン控除

住宅ローン控除

自分名義で組んだローンによって家を購入し、両親と一緒に暮らしていたが、結婚して、両親とは別に暮らすようになりました。
しかし、両親が住んでいる家のローンは今でも支払っています。こういう場合でも住宅ローン控除を使えるのでしょうか。

残念ながら、原則として、住宅ローン控除はあくまでも自分が住んでいる家のローンである必要があり、別の家に住んでいるのであれば住宅ローン控除を受けることができません。

もっとも、単身赴任で家を離れていても、配偶者や子供が自宅に住んでいれば住宅ローン控除を受けることが出来ます。また、転勤で住宅ローン控除を受けることが出来なくなっても、転勤が終わって再び住み始めたときは、残存期間に基づいて住宅ローン控除を受けることができます。

住宅ローン控除はよく利用されている制度ですから、よく理解しておきましょう。

@納税通信(第3442号)

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所