名古屋・岐阜・岡崎の弁護士が 保険会社について法律相談

交通事故の損害賠償について(動画)

交通事故の損害賠償の基準について、今までの経験、判例などから分かりやすく説明させていただ­きます。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

任意保険の選び方

自動車を保有する人は、必ず任意保険に入るべきです。どんなに注意していても事故を回避することができないのが現実です。事故の補償のためには、強制保険では十分にできないからです。任意保険は、加害者のためにも被害者のためにもあるのです。

どの保険会社を選ぶか。これが重要です。保険料の安さだけで選んではおられませんか。

私どもは数多くの民事(被害者からの損害賠償請求)刑事(加害者の刑事責任を問う)について受任します。
そこで、任意保険会社の対応の格差に驚かされることがよくあります。被害者救済の姿勢がなく法的に必要な保障にもおおじない保険会社。うちの会社はお金がなから払えないとうそぶく担当者。

保険会社は、一般の会社と異なり、保険業法により国(金融庁)の監督を受けることになっています。保険業の公共性を根拠としています。したがって、保険会社は、その公共な対する責任を深く自覚しなければなりません。

保険会社の対応が悪いと、保険会社ではなく、保険を契約した人(保険契約者)にいろいろな不利益がかぶってきます。
民事(被害者からの損害賠償請求)では、裁判にまで紛争が拡大し、解決に時間がかかり裁判所に出廷しなければならなくなります。刑事(加害者の刑事責任を問う)では、被害者との示談ができず、刑事責任が重くなることがあります

平田米男

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

定期金賠償方式

定期金賠償方式
保険会社が交通事故の被害者に賠償金を支払うときは、将来の生存期間を予想して将来の損害も含めて一括で賠償金を支払うことが一般的です。ところが将来分については被害者が死亡されるまで一定期間ごと(たとえば一年ごと)に賠償金を支払うという方法があります。これが定期金賠償と呼ばれるものです。この方法のメリットは、被害者が平均余命より長期間生存された場合には、平均余命を前提とした一括補償金では将来不足する可能性がある(逆に示談金受け取り後に短期間で死亡された場合には、払い過ぎが生じる)が定期金であれば不足が生じることがない点です。デメリットとしては保険会社が途中で倒産してしまうとそれ以降の補償金がされなくなってしまうことでしょう。裁判例は、定期金賠償による損害賠償命令を出すことを認めており、実際に定期金賠償方式による判決が出されることもあるようです。ただし被害者が一括払いを求めているのに、裁判所が勝手に定期金賠償の判決を出してよいのかという問題があります。
戸田裕三

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

代車料について問題となるケース(戸田裕三)

事故直後に車を修理に出すので代車を使いたい旨を相手方の保険会社にいうと「あなたにも過失があるので代車料は出ません」と言われることがありますが、過失があるから代車料が出ないと言うことはありません。代車料から過失分が引かれるだけであり、休業損害や慰謝料と同じレベルの話になります。
代車料で問題になるのは代車の必要性や代車のランク、代車使用期間などです。通勤に使う車が外にあるようなケースでは、そもそも通勤用の代車が必要と言えるか、カローラが事故に遭った場合に、クラウンを代車で借りても良いかなどです。また修理方法でもめてなかなか修理に出さなかったために代車の使用期間が延びてしまったというようなケースで無理な修理要求をしていたような場合に代車料が一部カットされるような場合もあります。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

自動車保険の特約をうまく活用しよう!

花子 最近、テレビや新聞で交通事故の報道が多くて気になるわ。それに保険会社の保険金の不払い事件もあったし。

太郎 たしかに事故に遭った場合にどういう保険に加入していたかすぐに分かる人は少ないだろうね。

●無保険車傷害特約

花子 実は先日、私の友達が自動車を運転中に後ろから追突されて重い後遺症が残ったけれど、追突した車は保険に加入していないらしくて、仕事もしていないらしいの。私の友達は困っているけれど何かいい方法はないかしら。

太郎 君の友達が任意の自動車保険に加入しているなら、自分の自動車保険の特約を調べてみてはどうだろう。仮に無保険車傷害特約がついていれば自分の加入している保険から補償を受けられる可能性があるよ。

花子 追突した車が盗難車であった場合でもできるのかしら。

太郎 盗難車のような場合で追突車の保険の対象にならない場合でも適用の対象だよ。

花子 仮に追突車が保険に加入していても保険金額が低すぎて十分な保険金が出ない場合はどうなの。

太郎 その場合は、正規の補償額と貰った保険金の差額が補償されることになる。

花子 無保険車傷害特約では補償額に制限はあるの。

太郎 君の友達が加入している保険の対人賠償保険の補償額が補償の上限になるよ。但し、対人無制限の保険に加入している場合でも2億円が補償の上限だね。

自損事故特約

花子 私自身も、自動車を運転中に前の車に衝突しそうになったけれど、仮に私の不注意で追突した場合は、後遺症が私自身に出てもやはり全額自己負担になるのかしら。

太郎 100%こちらの過失なら君の後遺症について相手の保険は使えないね。だけど君が運転していた車の保険に自損事故特約や搭乗者傷害特約がついていれば、それである程度カバーできる可能性があるね。

●人身傷害特約

花子 交通事故の場合は双方に過失があるケースが多いと思うけれど、過失が多い方の運転者は損害から過失相殺部分が控除されるから、重い後遺症が残るなどの場合に大変よね。

太郎 その場合でも運転者自身の加入している保険に人身傷害特約がついていれば運転者自身の過失部分も自分の保険で補償してもらえる可能性がある。したがって相手方との示談の成立を待つまでもなく自分の加入している保険会社から賠償金を受け取れることになるね。でも約款で上限枠が決まっていることがあるので自分の所得が多い等の理由で上限枠を超える場合は、結局は自分で枠を超える部分を相手方に請求することになる。
また人身傷害特約の中にも記名被保険者のみが対象となるタイプとその家族も含まれるタイプがあるし、乗車中だけでなくて歩行中の事故も補償されるタイプもあるので注意が必要だね。なお人身傷害特約がついていれば、上記の相手方が無保険の事故の場合や自損事故の場合も当然にカバーされるので安心だね。

●弁護士費用特約

花子 当事者双方が任意保険に加入していても示談で解決できないケースがあるみたいだけれど、裁判になった場合の費用はどうなるのかしら。

太郎 自分が相手方から訴えられた場合は保険会社の担当弁護士がつくから費用はかからないけれど、自分が相手方を訴える場合には、自分で弁護士を依頼して弁護士費用を支払う必要があるね。しかし自分の加入している保険に弁護士費用特約がついていると一定限度までの弁護士費用が保険で賄えるよ。ただし物損を除く人身補償の裁判に限る保険会社もあるようなのでチェックが必要だね。また弁護士費用等の支出には、保険会社の同意が必要となるのでその点は要注意だね。

●他車運転危険担保特約

花子 友人の車(無保険車)を借りて運転中に事故を起こした場合に私の加入している任意保険は使用できるのかしら。

太郎 君が加入している任意保険に他車運転危険担保特約がついていれば契約金額を限度として保険を使うことが可能だね。

花子 今まで任意保険というのは自分の賠償責任を代わって負担してもらうだけというイメージが強かったけれど、こうやってみると自分の加入している保険を使って自分の損害をカバーできる部分が大きいことが良く分かったわ。

太郎 ただ特約を付けていても無免許や酒酔運転など補償の対象にならない場合があるので気をつけるべきだね。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

交通事故の損害賠償について

 先日、車を運転中、赤信号待ちで停車していたところ、交差点を右折しようとした車に衝突され、1か月入院しました。保険会社と 交渉中ですが何が請求できますか。

 治療費、入院雑費、休業補償(賞与減額を含む)、慰謝料が請求できます。

更に医師の指示がある場合や重傷の場合には付き添い費用も認められます。

 保険会社は慰謝料として1日4,200円しか認めないと言っていますが妥当でしょうか。

 慰謝料1日4,200円というのは自賠責保険の基準であって、それにとらわれる事はありません。
入通院に対する慰謝料は、入院期間及び通院期間に応じて計算されます。
過去の裁判例によると、入院1か月当り20~48万円程度、通院1か月当り10~24万円程度です(1週間に2日は通院した場合)。

 それでは治療費や通院交通費はどのような基準で認められるのですか。

 治療費はそれが必要な治療であると認められれば全額です。
通院交通費も実費全額が原則ですが、タクシーを利用した場合には傷害の程度が軽い場合は公共交通機関の費用しか認められない場合もあります。

 保険会社は入院雑費は、1日1,100円しか出さないと言っていますが妥当ですか。

 入院1日につき、1,300円程度が妥当です。

 休業補償はどのような基準で計算すればいいですか。

 休業補償は、仕事を実際に休んだ日数に応じて収入が減った分(賞与減額を含む)について請求できます。
なお主婦の場合は、女子労働者の平均賃金を基準に計算します。

 後遺症が残った場合はどんな補償がしてもらえますか。

 後遺症を理由に補償を請求するには、その後遺症が自賠責保険に定められている等級(1級~14級)の基準に相当しなければなりません。
例えば顔面の傷などはある程度の大きさでなければ後遺症に該当しない場合があります。

 後遺症の基準に該当した場合にはどのような補償が出るのですか。

 一般的には逸失利益(後遺症が残ったことによって将来にわたって予想される減収)、慰謝料ですが、重い後遺症が残ったような場合には家屋改造費やリハビリ費用、付き添い費用等が認められるケースもあります。

 逸失利益は、どのように算出されますか。

 逸失利益は、被害者の年齢、性別、職業、収入、後遺症の部位・程度によって異なります。
具体的には専門家に相談して下さい。

 後遺症の慰謝料はどのように計算されますか。

 慰謝料は主に後遺症の部位・程度によって決まります。
例えば1級(両目が失明した場合など)に該当するような場合には2,600~3,000万円程度になります。
これも具体的な金額は状況に応じて専門家に相談すべきでしょう。

 私は後遺症12級の認定を受けましたが、保険会社から提示された慰謝料金額は93万円でしたが妥当ですか。

 過去の裁判例から考えると250~300万円程度の請求は可能ではないでしょうか。

 夫が交通事故で寝たきりになってしまったのですが、妻の私には何か補償がありませんか。

 寝たきりのように後遺症が重い場合には同居の親族であるあなたにも慰謝料が認められる場合があります。

 今までの話を聞くと保険会社の提示金額は相当低いことになりますね。

 そうですね。やはり示談する前に専門家に相談されることが大切ではないでしょうか。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

法律相談

夜間電話法律無料相談

専用電話番号

052-231-4366

午後5時~午後8時まで