名古屋・岐阜・岡崎の弁護士が 弁護士費用特約について法律相談

交通事故の弁護士費用特約のメリット

弁護士費用特約のメリットを再度投稿したいと思います。
まず保険料が安いです。年間で通常は1600円位です。個人の場合は家族で1人が契約すれば全員が対象になります。
次に弁護士費用が上限で300万円、法律相談が上限で10万円が支払われます。通常の交通事故なら自己負担はゼロになります。高額賠償事案の場合でも訴訟では判決で弁護士費用分が損害の一部として認定されるので、結果的に自己負担はゼロになります。
更に弁護士費用特約は何度でも利用できます。しかも保険料も上がりません。

早期に弁護士に依頼すれば保険会社どの交渉という心理的負担からも免れます。保険会社の担当から心ない暴言を受けたとの相談も少なくありません。この点は大きなメリットと思います。

後遺障害が将来的に予想される事案では治療や検査の留意点も相談できます。後遺障害の認定はいわゆるむち打ち症では色々な問題点があるので、早期に相談すべきですね。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

弁護士費用特約と保険代理店

弁護士費用特約と代理店

交通事故で被害者が十分な提案を加害者から得られない場合は、自分の加入している任意保険の弁護士費用特約を使用して加害者に請求することが良くあります。弁護士費用特約は、使用しても保険料がアップされることはありません。しかし弁護士費用特約を使わないで損保代理店の方が交渉されることがあります。これは弁護士費用特約を使うと代理店の損保会社から受け取る報酬が減ることになるので代理店が被害者に弁護士費用特約の使用を勧めないからだそうです。被害者の方は代理店の方に依存しすぎないほうがよいようです。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

弁護士保険

最近「弁護士保険」を使って、相談、依頼される方がいらっしゃいます。

「弁護士費用特約」は最近随分定着してきましたが、弁護士費用特約は、自動車保険にセットされている保険であり、交通事故の場合にしか使えません。これに対して弁護士保険は、独立した保険であり、毎月一定額の保険料を支払うことで、交通事故だけでなく離婚、労働問題、金銭関係、近隣トラブル等紛争の種類を問わず弁護士費用を負担してくれる保険です。

我が国でも一般市民が法律紛争に巻き込まれる可能性が増加したことに対応した保険です。米国のようにこのような保険が徐々に一般化していくかもしれません。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

交通事故の弁護士費用特約の推進プロジェクト(木下敏秀)

先日、損害保険代理店の社長様と懇談しました。現在、旭合同法律事務所では、自動車保険の弁護士費用特約の活用に向けて、積極的に啓蒙するプロジェクトを推進中です。

少額の物損事故等を含めて「迅速」「丁寧」に対応できる経験豊かな専門弁護士が揃っていますので、遠慮なく、是非、ご相談下さい。

愛知県庁、名古屋市役所、名古屋市北区、春日井、岡崎、豊田、刈谷、江南、一宮、豊橋、岐阜、多治見、大垣、高山で出張相談もあります。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所

自動車保険の特約をうまく活用しよう!

花子 最近、テレビや新聞で交通事故の報道が多くて気になるわ。それに保険会社の保険金の不払い事件もあったし。

太郎 たしかに事故に遭った場合にどういう保険に加入していたかすぐに分かる人は少ないだろうね。

●無保険車傷害特約

花子 実は先日、私の友達が自動車を運転中に後ろから追突されて重い後遺症が残ったけれど、追突した車は保険に加入していないらしくて、仕事もしていないらしいの。私の友達は困っているけれど何かいい方法はないかしら。

太郎 君の友達が任意の自動車保険に加入しているなら、自分の自動車保険の特約を調べてみてはどうだろう。仮に無保険車傷害特約がついていれば自分の加入している保険から補償を受けられる可能性があるよ。

花子 追突した車が盗難車であった場合でもできるのかしら。

太郎 盗難車のような場合で追突車の保険の対象にならない場合でも適用の対象だよ。

花子 仮に追突車が保険に加入していても保険金額が低すぎて十分な保険金が出ない場合はどうなの。

太郎 その場合は、正規の補償額と貰った保険金の差額が補償されることになる。

花子 無保険車傷害特約では補償額に制限はあるの。

太郎 君の友達が加入している保険の対人賠償保険の補償額が補償の上限になるよ。但し、対人無制限の保険に加入している場合でも2億円が補償の上限だね。

自損事故特約

花子 私自身も、自動車を運転中に前の車に衝突しそうになったけれど、仮に私の不注意で追突した場合は、後遺症が私自身に出てもやはり全額自己負担になるのかしら。

太郎 100%こちらの過失なら君の後遺症について相手の保険は使えないね。だけど君が運転していた車の保険に自損事故特約や搭乗者傷害特約がついていれば、それである程度カバーできる可能性があるね。

●人身傷害特約

花子 交通事故の場合は双方に過失があるケースが多いと思うけれど、過失が多い方の運転者は損害から過失相殺部分が控除されるから、重い後遺症が残るなどの場合に大変よね。

太郎 その場合でも運転者自身の加入している保険に人身傷害特約がついていれば運転者自身の過失部分も自分の保険で補償してもらえる可能性がある。したがって相手方との示談の成立を待つまでもなく自分の加入している保険会社から賠償金を受け取れることになるね。でも約款で上限枠が決まっていることがあるので自分の所得が多い等の理由で上限枠を超える場合は、結局は自分で枠を超える部分を相手方に請求することになる。
また人身傷害特約の中にも記名被保険者のみが対象となるタイプとその家族も含まれるタイプがあるし、乗車中だけでなくて歩行中の事故も補償されるタイプもあるので注意が必要だね。なお人身傷害特約がついていれば、上記の相手方が無保険の事故の場合や自損事故の場合も当然にカバーされるので安心だね。

●弁護士費用特約

花子 当事者双方が任意保険に加入していても示談で解決できないケースがあるみたいだけれど、裁判になった場合の費用はどうなるのかしら。

太郎 自分が相手方から訴えられた場合は保険会社の担当弁護士がつくから費用はかからないけれど、自分が相手方を訴える場合には、自分で弁護士を依頼して弁護士費用を支払う必要があるね。しかし自分の加入している保険に弁護士費用特約がついていると一定限度までの弁護士費用が保険で賄えるよ。ただし物損を除く人身補償の裁判に限る保険会社もあるようなのでチェックが必要だね。また弁護士費用等の支出には、保険会社の同意が必要となるのでその点は要注意だね。

●他車運転危険担保特約

花子 友人の車(無保険車)を借りて運転中に事故を起こした場合に私の加入している任意保険は使用できるのかしら。

太郎 君が加入している任意保険に他車運転危険担保特約がついていれば契約金額を限度として保険を使うことが可能だね。

花子 今まで任意保険というのは自分の賠償責任を代わって負担してもらうだけというイメージが強かったけれど、こうやってみると自分の加入している保険を使って自分の損害をカバーできる部分が大きいことが良く分かったわ。

太郎 ただ特約を付けていても無免許や酒酔運転など補償の対象にならない場合があるので気をつけるべきだね。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所 旭合同法律事務所