教育委員会との交渉

現在、子の問題に関して教育委員会との交渉をしている案件があります。

現在の自治体は、「いじめ防止対策推進法」の規定に基づき、「いじめ問題対策委員会」「いじめ問題調査委員会」等の名称にて事実調査の組織を設置しています。

事実調査は問題解決の第一歩であり、事実調査の組織や運営が充実していることが大事であると思っています。

木下敏秀

木下敏秀

弁護士 木下敏秀(きのしたとしひで)
【主に従事してきた分野】
離婚、相続、任意後見、高齢者の財産管理、信託、交通事故、残業代金の未払、消費者問題、マンション管理
会社再生・倒産処理、欠陥住宅、コンプライアンス委員会の設置、フランチャイズ本部の立ち上げ
【所属等】
日本弁護士連合会 ひまわりホットダイヤル担当弁護士
愛知県弁護士会 地域弁護士制度担当弁護士
大手理容美容専門学校 コンプライアンス委員長
日本交通法学会所属
【著書(共著)】
名誉棄損・プライバシー