硬貨使用の限度額

小さな子どもさんが小遣いを貯めた小銭(貯金箱)を持って買い物に来ました。ほほえましいですが、小銭の数が多くて大変でした。こういうのでしたら喜んで対応しますが、例えば、嫌がらせ目的ですごい小銭の数で支払をしようとしてきたお客がいた場合、それを拒否できる法律上の根拠ってあるんですか、との雑談がありました。

一応、法律があるんですよねえ。

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(第7条)
「貨幣は、額面価格の20倍までを限り、法貨として通用する」

つまり、1つの硬貨は20枚までは通用する訳です。ということは、21枚以上なら受け取り拒否できる正当な根拠があるということになります。

とすると、今の通常硬貨だけの場合、
(500×20)+(100×20)+(50×20)+(10×20)+(5×20)+(1×20)
=1万3320円
これが通常硬貨の使用限度額ですね。
記念硬貨を使えば、もう少し硬貨の積み増しはできますね。
他方、お札の方は無制限です。

@財務省ホームページ
http://www.mof.go.jp/faq/currency/07ab.htm

川口正広

川口正広

弁護士 川口正広(かわぐちまさひろ)
【主に従事してきた分野】
遺言、相続、医療過誤(患者側)、債務整理(破産・再生・過払請求)、離婚、交通事故
旭合同法律事務所のFacebook記事でもおなじみ