遺言の破棄になるか

遺言者が自筆遺言の文面全体に斜線を引いた場合、遺言を「破棄」したことになるかどうかです。
民法では、遺言を破棄すれば遺言を撤回したことになりますが(1024条)、これを変更と考えると、変更した旨を付記して署名し、変更場所に押印する必要があります(968条2項)。
広島地裁では、「破棄」と解釈しましたが、広島高裁では「変更」と解釈しました。では最高裁は?

東海テレビでコメント放映されました

離婚した元夫が子供を連れ去った事件について、人身保護法違反を理由に元夫が逮捕されたニュースが報道されました。
私のコメントが東海テレビの夕方のニュースにて放映されました。
過去には、ロト詐欺事件にて、CBCのニュースでコメント放映されたこともあります。

みらい経営塾での講演

メットライフ生命の後藤さんが主宰される第9回「みらい経営塾」にて講演をさせて頂きました
私からは、「遺留分減殺請求と生命保険の活用」、「企業の防衛対策」をテーマに講演させて頂きました。
生命保険は、葬儀費用、納税資金、遺留分対策等の幅広い活用法があることを経営者の皆様にも知って頂きたいですね。

携帯電話の2年縛りと詐欺の問題

携帯電話の2年縛りは解約時期を制限する規定なのか?この問題に関する興味深い刑事事件の裁判例があります。
その事件は、携帯電話を利用する意思がないのに販売店に契約を申し込んで携帯電話をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた20歳代女性の刑事事件裁判です。

日本交通法学会に弁護士5名で参加

東京で開催された日本交通法学会の総会に事務所の弁護士5名で参加しました。
自賠責保険の運行概念の解説は実務的で参考になりました。
今回は素因減額、損益損益等損害賠償の調整問題がテーマでしたが高名な学者の方々の白熱した議論となりました。
学問的な勉強をする機会は最近はほとんどないので新鮮な感覚になりました❗