少年サッカー親の監督責任

小学6年生(11歳)の男の子が、校庭でサッカーのシュート練習をしていたところ、サッカーボールが道路に飛び出し、バイクを運転していた80代の男性がこれをよけようとして転倒し、その後死亡したという事案で、最高裁が親の監督責任を否定する判断を示しました。

借主負担DIY(空き家対策)

国土交通省が主催する、個人住宅の賃貸流通を促進するための検討会が本年3月に報告書をまとめました。その中に空き家対策として賃貸借を活用することが検討されています。相続した空き家など、所有者は初期費用をかけずに他人に貸し、安定した収入を得ることができる一方で、利用者(借主)は自分の好みに応じて借家をリフォームし安い賃料で借りられるという結構優れモノの契約です。