親権停止の制度知ってますか

親権停止の制度があります。もともと民法には、子の親権を「喪失」させる制度があります。
ただし、親権を喪失させるまでには至らない比較的軽微な虐待事案とか、必要な医療を受けさせない(医療ネグレクト)など、一定期間の親権制限で足りる事案もあります。そこで、平成23年の民法改正の際に、2年以内の期間を限って親権を制限する「親権停止」の制度を創設させています。

子の面会交流の難しい問題

子の面会交流の事件が増えています。現在の裁判所は子の面会交流を積極的に実現する傾向があり、相手方の監護者が子の面会交流を拒否する場合には、審判にて面会交流を命じることもあります。ただ、裁判所の審判が下されても、「子どもが面会を強く拒否している」との理由で面会交流が実施できない場合もあります。