*

土地・建物

土地・建物の問題と言えば、以前は売買や賃貸に関するものでした。
土地は価値があるという前提でいろんな法的問題が処理されてきました。

しかし、法務省の調査によると最後の登記から50年以上を経過している土地が全体の2割を超えたとのことです。

また、民間の所有者不明土地問題研究会(増田寛也座長)によると410万ヘクタールの土地が放置され、うち368万ヘクタールの土地(九州より広い)が所有者不明の可能性があるとのことです。

土地が邪魔者になってきたようで、少子化によりさらに加速することになりそうです。

国土交通省も、土地という財産を所有者の同意を得ずに有効利用することを検討し始めました。

空き家の問題も同様に深刻化しており、土地問題はいろんな知恵を働かせて解決しなければならない時代になりました。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所では、経験豊富な弁護士が、あなたの相談を受け、あなたの味方となって法的解決に向けて進めさせていただきます。お気軽にご相談下さい。

電話無料法律相談でお気軽にご相談下さい。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所では、16名の弁護士が土日も担当制で電話無料法律相談を行っております。
旭合同法律事務所あーくん

【関連記事一覧】

土地・建物問題記事一覧

【関連記事】

空き家問題の専門サイト

空き家問題に関してさらに詳しくは、専門サイト「空き家問題の相談窓口」もございます。
空き家問題の相談窓口