*

相続・遺言・財産管理

「争族」にしない「相続」を

誰でも家族親族が仲良く暮らすことを望んでおられます。
しかし、相続をきっかけに仲の良かった家族親族の仲が悪くなってしまう話は、残念ながら少なくありません。

相続財産を残される方も、それを受けられる方も、相続が残された親族間の財産争いの「争族」にならないために、相続法の基礎を理解していただくことは大切です。

遺言は、遺族の争いを防ぐため、遺言書を作成しておきましょう。

しかし、せっかくの遺言書が無効となる場合があります。

遺言は、公正証書で作成しておくのが確実で安全です。

また、身寄りのない人も増えており、こうした身寄りのない方が遺言書がなく亡くなってしまうと、そのとたんに混乱します。

さらに、最近は家族信託(民事信託)というものが注目を集めています。

家族信託(民事信託)には、遺言、成年後見などの既存の制度では対応できないことが可能となるなど、活用が望まれます。

電話無料法律相談でお気軽にご相談下さい。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所では、16名の弁護士が土日も担当制で電話無料法律相談を行っております。
旭合同法律事務所あーくん

【関連記事】
「争族」にしない「相続」を

相続・遺言・高齢者記事一覧

【関連タグ】
相続放棄 相続格差 相続税 相続財産管理人 遺言 公正証書遺言 高齢者 遺産分割

動画
相続放棄について
遺言書 自筆証書と公正証書について

相続・遺言の専門サイト

相続・遺言問題に関してさらに詳しくは、専門サイト「相続・遺言の相談窓口」もございます。
相続・遺言の相談窓口

家族信託に関してさらに詳しくは、専門サイト「家族信託の相談窓口」もございます。
家族信託の相談窓口