遺言書の全文に斜線を引くのは遺言の撤回に当たる。

お父さんが亡くなった後に金庫から、問題の遺言書が発見されました。
長女は「遺言書を作成した者が全文に赤色の斜線を引くのは、故意に遺言書を破棄する行為であるから遺言は撤回されている。」と主張し、遺言無効確認を求める裁判を起こしました。